特集は、「医療ソーシャルワーカーが介護者に伝えたいこと」と題し、退院後、1日もはやく落ち着いた暮らしを取り戻すために必要な事柄について、医療ソーシャルワーカーの方々に語っていただきました。

【おすすめコンテンツ】

◆退院後、1日もはやく落ち着いた暮らしを取り戻すためには?

病院内で患者のあらゆる悩みの相談に乗ってくれる存在の医療ソーシャルワーカー。複数の病院のソーシャルワーカーにお話を伺いました。

◆「医療・介護のダブル報酬改定」

厚生労働省 老健局総務課 認知症施策推進室 室長補佐の余語卓人さんに、介護報酬改定のうち認知症分野の改定ついて伺いました。

◆100歳を生きるには『軸』が必要

日経BP社『日経おとなのOFF』5月号特集、「私たちは100歳までどう生きるか?」。制作秘話を同誌編集長の行武知子さんが解説。

◆マイライフ・インタビュー「私にとって自然農は、母の介護のためにあった」

4年半にわたり、お母様の介護をしてきた杉田かおるさんに、介護経験を通して思ったことなどについて聞きました。

本誌の無料お取り寄せ及びお問い合わせは、こちら
または フリーダイヤル 0120-007-097 にて承ります。

月刊介護情報誌『あいらいふ』編集部

【誌名】『あいらいふ 2018年9月号』
【発行部数】5万部
【配布場所】市区役所高齢者介護担当窓口・社会 福祉協議会・地域包括支援センター・ 居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など1万か所