月刊『あいらいふ』

月刊介護情報誌『あいらいふ』

老人ホームにご入居を検討するご本人様やそのご家族様、また居宅介護支援事業所のケアマネジャー様、病院の医療ソーシャルワーカー様にも幅広くご愛読いただいている無料情報誌です。
「あいらいふ入居相談室」を運営するザップが、毎月第4木曜日に60,000部を発行し、1都3県をはじめ首都圏各地にある、病院、市区役所の高齢者介護担当窓口、社会福祉協議会、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、薬局など約1万か所に配布しています。
初めて老人ホームを探す際、ご家族様が一番知りたいであろう、施設選びのポイントを毎号様々な切り口でわかりやすく解説した特集記事や、各施設の医療サポート対応の実績や体制を独自に集めた「有料老人ホーム・高齢者住宅リスト」など最新レポート記事も充実しています。
また、著名人にも巻頭インタビューで介護経験を語っていただいております。

各種ハンドブック

月刊『あいらいふ』別冊ハンドブック

ザップでは、誰でも手に取りやすく、携帯にも便利なあらゆるシーンに対応するハンドブックを発行しています。

  • 老人ホームを見学するときに実用的でわかりやすい『老人ホーム見学ハンドブック』
  • 自宅介護の限界点を明確化し、自宅介護の快適生活のコツと限界を迎えた後の選択肢について徹底解説した『介護ハンドブック』
  • 新たに【退院のときに認知症だったら】の章を加えた、退院時のわからないを解決する『退院ハンドブック』
老人ホーム見学ハンドブック
老人ホーム見学ハンドブック

2016年7月に発売(初版1万部)し大反響となった本書が、「新章・困ったことから探す『見学すべき老人ホーム』ナビ」を増補、さらに見学前、見学時、見学後、すべてのシチュエーションで役立つ「パーフェクト見学ツール」付きで、再登場しました!!
本書を読めば、ベストな老人ホームが、必ず見つかります。

介護ハンドブック
介護ハンドブック

自宅介護の初心者向けの方、自宅介護でお悩みの方へ、「がんばらない自宅介護の限界点」を軸に「自宅介護の快適生活のコツ」と「限界を迎えた後の選択肢」について、ナビゲーション形式で解説しています。地域密着型自宅介護書の決定版です。

退院ハンドブック
退院ハンドブック

新たに「退院のときに認知症だったら」の章をナビゲーション形式でわかりやすく加えて再登場しました。「自宅療養のサポート体制」や「自宅療養以外の選択肢」などをわかりやすく解説しています。突然の入院、そして退院で、混乱する家族の不安を整理して解決する必携書です。