しごと紹介

入居コーディネーターの1日

introduce page 実際、入居コーディネーターってどんな仕事をするの?
先輩コーディネーターの一日を追い、徹底解剖する。

入居コーディネーター 古木裕二

入社後は、有料老人ホームの相談員として病院や居宅介護支援事業所や地域包括支援センターを中心に窓口営業を行い、そこからホームを必要とした方をご紹介いただき、お体の状況やご家族のご要望をヒアリングし、最適なホームをご紹介し、入居が決まった時は大変うれしく感じ、充実した日々を送っています。有料老人ホームについては、全くの素人ですが、周りにいる先輩や上司が丁寧に教えてくれますので、安心して仕事に取り組むことができます。そして、自分の裁量で仕事に取り組めますので、社風としてはとても自由なところがありますが、お客様の評価はやはり数字に表れます。その点とてもシビアな部分もありますが、お客様の立場に立って、当たり前のことを当たり前のように地道にやることがとても重要です。

弊社のビジョンに共感していただき、一緒に働けることを楽しみにしています。

出社・朝礼

今日の活動予定の確認。昨夜調べた情報と資料を準備。

施設見学に同行
walking

相談者様ご家族に先日紹介した有料老人ホームへ見学同行。お昼をはさみ約2時間を予定。

昼食

今日は有料老人ホームの見学同行のため、昼食は入居者の方々が実際に食しているものをいただく。昼食時は、食事の味は勿論、入居者さんの生活の様子や表情、スタッフの方とのコミュニケーションの様子がよく見える絶好の機会。

見学終了

相談者様はこの施設を気に入られ、ご希望の居室を仮押え。健康診断書等の準備のため、早速対象者の入院されている病院へと向かう。

病院へ訪問

医療相談室に立ち寄り、現在進行中の入居相談の進捗報告と書類準備のお願いなど、入居に向けた細かい打ち合わせ。その後、近隣の地域包括支援センターや居宅介護支援事業所に立ち寄る。ちょう どケアマネージャーさんとお会いでき「相談にのってほしい利用者さんがいるんだけど」とお声かけいただき、早速詳細ヒヤリング。明日資料を持参するお約束。

帰社
office

帰社後、本日見学同行したご家族からお礼と質問の電話をいただく。その他、明日の準備や今日1日の活動状況等を上司に報告し、業務終了。おつかれさまでした。


応募する