プレスリリース

「あいらいふ」4月号が好評配布中です。

プレスリリース

 

介護施設情報誌「あいらいふ」の最新号(4月号)が、好評配布中です。
 


今月号の特集は、
「退院マニュアル」「病院の退院前後」でやるべきこと


病院に入院している間に、お身体の状態が悪くなり、老人ホームへの入居を決断したご家族は、「在宅からホーム入居を決断された方」以上に困難な状況に遭遇します。在院期限を意識しながらの老人ホームの基礎情報の把握、候補施設の選別、書類の手配、入居の契約は想像を絶する作業です。それでは、病院から老人ホームに入居するには、どのようにしたらよいのか徹底解説いたします。



今回の特集のアンサーホームとして
取材した老人ホームをご紹介します。
「レオーダ経堂」
「ル・レーヴ狭山さくら館」
「グレースメイト練馬桜台」

「ツクイ・サンシャイン成城」
 

新連載!報道解説委員 松本方哉さんによる

私の「テレビ・新聞情報」の活用術。

 

シニア層に、おすすめしたい!

小橋建太さんの「きくきくストレッチ」


「巻頭インタビュー」には、
歌手・俳優
西城秀樹さんに
ご登場いただきました。



「2度の病いで、西城秀樹は生まれ変わった。

これからは、自然体で、ありのままの

自分を見せていきたい」

 

 

西城秀樹(さいじょう・ひでき)

1955年4月13日生まれ。広島県広島市出身。高校時代にスカウトされ、父親の許しを得ないまま単身上京。72年、シングル、『恋する季節』でデビュー。73年『情熱の嵐』がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。74年、レコード大賞歌唱賞受賞、「紅白歌合戦」に初出場。79年、『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』が大ヒット。99年、父親が他界。2001年、17歳年下の奥様、美紀さんと結婚。03年、11年と2度の脳梗塞の発症を乗り越える。15年、還暦記念アルバム、『心響―KODOU―』をリリース。著書に、『あきらめない−脳梗塞からの挑戦』『ありのままに―「3度目の人生」を生きる』がある。



「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約4万カ所で無料配布しております。


そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。

Page to Top