プレスリリース

「あいらいふ」7月号が好評配布中です。

プレスリリース

 

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(7月号)が、好評配布中です。

 

 

今月号の特集は、

「イラストで解説します。認知症に強いホームはココが違う」。

 

「認知症に強い老人ホーム」を見分けるポイントを知っていらっしゃいますか?

今月号の特集では、わかりやすいイラストで、その着眼点を整理しました。

施設見学の際に、ご活用ください。

 

ちなみに、今回の特集にからみ取材した老人ホームは、

「向島明生苑」

「ネクサスコート本郷台」

「アルプスの杜さがみ」

です。

 

 

「巻頭インタビュー」には、

女優・介護士の北原佐和子さんにご登場いただきました。

 

 

女優業を続けながら、介護の現場での仕事をする方として注目を集める北原さん。

なぜ、介護の世界に足を踏み出し、今、何を思いながら介護の仕事をされているのでしょう。

東京・銀座の所属事務所でお話をうかがいました。

 

 

北原佐和子(きたはら・さわこ)

1964年3月19日、埼玉県ふじみ野市に3姉弟の長女として生まれる。雑誌の読者モデルからスカウトされてグラビアデビューし、1982年には、シングル『マイ・ボーイフレンド』でソロデビューを果たす。女優に転身後は、昼ドラや時代劇、リポーターなどで活躍するが、浮き沈みの激しい芸能界の中で自分を見つめなおし、「誰かに寄り添う」ために介護の道を志す。現在は、女優、介護福祉士、ボランティア団体、「プレシャスライフ 心の朗読会」代表として活動する。

 

 

 

 

「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。

 

 

そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。

 

Page to Top