プレスリリース

「あいらいふ」3月号が好評配布中です

プレスリリース

 

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(3月号)が、好評配布中です。
 
 
今月号の特集は、
「ホーム見学へ行こう」。
 
 
老人ホームを見学した時に、
「ここを見れば、ホームの
本当の実力がわかる」
11個の着眼点をイラストにまとめました。
 
 
ちなみに、今回の特集にからみ
取材した老人ホームは、
「ドーミーときわ台」
「ドーミー中野江古田」
「アズハイム町田」
「日和(ひより)」です。
 
 
「巻頭インタビュー」には、
作家の林望さんにご登場いただきました。
 
「60歳以降の時代」を、
実りの多い時間にするための、
方法論をうかがいました。
 
 
林 望(はやし のぞむ)
1949年、東京都生まれ。作家であり書誌学者。慶應義塾大学大学院博士課程修了。東横学園女子短期大学助教授、ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授など歴任。「イギリスはおいしい」で、91年に文壇デビュー。100冊以上の著書を持つ。現在は、源氏物語に続き、平家物語の謹訳に取り組む。
 
 
 
 
「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。
 
 
そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。
Page to Top