プレスリリース

「あいらいふ」11月号が好評配布中です

プレスリリース

あいらいふ11月号表紙

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(11月号)が、好評配布中です。
 
「あいらいふ」11月号の特集は、
みるみるわかる「介護付、住宅型、サービス付の違い」。
 
「ネクサスコート練馬」
「アズハイム町田」
「ニチイホーム東浦和」
「レストヴィラ愛甲石田」
「サンライズ・ヴィラ伊勢原」
 
ひと口に「高齢期の住まい」と言っても、
色々なスタイルが存在し、またその区別も
老人ホーム入居を考え始めたばかりの方には、
難しいと思われます。
そこで今回の特集では、代表的な類型の違いを
わかりやすいイラストで説明しました。
 
 
「マイライフ・インタビュー」には、
プロレスラーの大仁田厚さんにご登場をお願いしました。
格闘技の世界で一世を風靡し、
「涙のカリスマ」とも呼ばれた大仁田さんが、
自らの介護について初めて語ったスクープ記事になります。
ぜひ、お目通しください。
 
 
大仁田 厚(おおにた あつし)
1957年、長崎県生まれ。
15歳で全日本プロレスに入門、翌年デビュー。
89年、所持金5万円で「FMW」を旗揚げ。
「有刺鉄線電流爆破デスマッチ」など、
過激な興行が話題を呼ぶ。
その後、高校、大学受験、さらには
政界進出など、活動の幅を広げている。
 
 
「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉 協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。
 
そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。
Page to Top