プレスリリース

「あいらいふ」9月号が好評配布中です

プレスリリース
 
介護情報誌「あいらいふ」の最新号(9月号)が、好評配布中です。
 
「あいらいふ」9月号の特集は、
「医療レポート最前線・ホームにおける医療サービスとは?」。
 
基調レポート1
相談の1位は「認知症」。その後に、「脳梗塞」「大腿骨頸部骨折」とつづく
基調レポート2
「医療ソーシャルワーカー」に聞く
 
「ネクサスコート湘南鷹取」
「ニチイホーム登戸」
「J'sハウス川越新宿(かわごえあらじゅく)」
「日生オアシス新座」
「ひまわりホーム新千鳥」
「ツクイ・サンシャイン町田東館」
「日和(ひより)」
 
どんな医療サポートを受けられるかは、
施設選びにおいて重要なポイント。
そこで、今回は、入居相談で多い
「認知症」「脳梗塞」「大腿骨頸部骨折」などにしぼり、
この医療サービスを求めているご家族には、
どんな老人ホームがふさわしいのか
考えてみました。
 
 
「マイライフ・インタビュー」には、
コメンテーターとしても活躍されている、
精神科医の香山リカさんにご登場いただきました。
お父様の介護・看取りの経験をもとに
介護に対する思いや受け止め方、
また介護に迷いや悩みを抱えた方へ向けた、
おすすめの本についても語っていただきました。
 
香山リカ(かやま りか)
1960年、北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。
精神科医としてご活躍の一方、
各メディアで社会・文化批評などを展開、
現在人の「心の闇」を洞察し続ける。
著書に「看取りの作法」(祥伝社新書)
「老後がこわい」(講談社現代新書)など多数。
 
 
「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉 協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。
 
そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。
 
Page to Top