プレスリリース

「あいらいふ」6月号が好評配布中です

プレスリリース


 

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(6月号)が、好評配布中です。


「あいらいふ」6月号の特集は「ホームのリハビリ」。

「ツクイ・サンシャイン成城」
「サンクリエ本郷」
「ニチイホーム柿生」
「カーサプラチナ宮前平」
「レストヴィラ草加」
「ネクサスコート橋本」

理想的なリハビリを実践するホームでは、「機能の維持・向上」
というより「本来の自分」を取り戻すことを目標としている。
そんなホームの見分け方とは?


「マイライフ・インタビュー」には、まんが絵日記作家の竹浪正造さんが登場します。

竹浪正造(たけなみ・まさぞう)

1918年、青森県生まれ。東北電力に勤務後、鶴田町議会議員(4期)、鶴田
町内会長(16年)など数々の公職を歴任。1989年にはツル多はげます会を
創設。まんが絵日記の『はげましてはげまされて』『一生一途に』(廣済堂
出版)は32万5000部の大ヒットに。


3年前、93歳にしてベストセラー作家となった竹浪正造さん。
頭に‘光るもの’を持つ仲間と創設したハゲの会
「ツル多はげます会」の活動も勢力的に行なってきましたが、
ある日、自宅で倒れ、生死の境をさまよう体験をします。
今、なにを思い、どんな暮らしをされているか、おうかがいしました。


「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉 協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。

そろそろ介護という方や今後の生活プランをご検討中の方、医療・介護業界でお仕事なさる皆様、「あいらいふ」を是非ご活用ください。
 

Page to Top