プレスリリース

「あいらいふ」11月号が好評配布中です

プレスリリース

 

 

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(11月号)が、好評配布中です。

 

 

「あいらいふ」11月号の特集は「認知症ケア 安心の施設」。

 

 

「ネクサスコート本郷」

「ネクサスコート本郷台」

「ネクサスコート多摩川桜並木」

「ニチイホーム新百合ヶ丘」

「ツクイ・サンシャイン三浦」

を取り上げ、各施設の魅力をご紹介しております。

 


「マイジョブ・インタビュー」には、漫画家の岡野雄一さんが登場します。

 


岡野雄一(おかの・ゆういち)さん

 

1950年、長崎市生まれ。

高校卒業後に上京し、出版社に勤務。

40歳のとき、離婚を機に長男を連れて長崎に戻る。

広告代理店の営業やタウン誌の編集長などを経て、50代後半でフリーとなり、ライター、漫画家として活動。

認知症の母との日常を描いた漫画を自費出版し、地元の老舗書店で売り上げランキングトップに。

その再編集版である『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社・刊)は、2012年7月に出版されるやベストセラーとなった。

現在、西日本新聞と週刊朝日に連載中。

「長崎弁シンガー」としての顔ももつ。

「ペコロス」とは「小タマネギ」の意で、自身の風貌と似ていることから名付けたニックネーム。

 

 

「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉 協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。

 

 

 

 

 

Page to Top