プレスリリース

「あいらいふ」8月号が好評配布中です

プレスリリース

 

介護情報誌「あいらいふ」の最新号(8月号)が、好評配布中です。

 

 

「あいらいふ」8月号の特集は「医療サポート充実の施設」。

 

 

「ハルトリーゲル松戸」

「ネクサスコート練馬」

「ネクサスコート本郷台」

「幸楽壱番館」

「ひまわりホーム川崎大師」

「ブリスイン松戸」

「ブリスイン野田」

を取り上げ、各施設の魅力をご紹介しております。

 


「マイジョブ・インタビュー」には、精神科医の和田秀樹さんが登場します。

 


和田秀樹(わだ・ひでき)さん

 

 

1960年大阪市生まれ。

 

 

85年、東京大学医学部卒業。精神神経科、神経内科、救命救急などでの研修を経て、88年より浴風会病院で高齢者の精神医療に携わる。

 

 

2004年より国際医療福祉大学教授。ほか、一橋大学経済学部非常勤講師、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長も兼務。

 

 

07年公開・初監督の映画「受験のシンデレラ」でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞、12年には第2作の『「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ』が公開。

 

 

著書に『老人性うつ』(PHP)、『間違いだらけの老人医療と介護』(講談社)、『人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う』(講談社)など多数。

 


「あいらいふ」は、東京・五反田の「あいらいふ入居相談室」のほか、首都圏の市役所高齢者介護担当窓口、社会福祉 協議会、地域包括センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、病院、薬局など、約1万カ所で無料配布しております。

 

 

 


 

Page to Top